キャッシングで返済が遅れれば遅延損害金は20%

MENU

キャッシングで返済が遅れれば遅延損害金は20%

 

 

キャッシングやカードローンでお金を借りたら、返済期日までに、最少返済額以上の金額を返します。
契約書や利用明細書にも書かれているとおり、
もし支払いが返済期日に遅れれば、「遅延損害金」という損害賠償金が発生します。
遅延利息とも呼ばれますが通常の利息とは別にかかってきます。

 

遅延損害金は高いの?

 

遅延損害金は、利息制限法で上限利率が決められており、制限利率の1.46倍までとされています。

 

たとえば10万円未満の借金では、年率20%×1.46= 29.2%です。
10万円〜100万円未満の借金では、年率18%×1.46 =26.28%です。
100万円以上の借金では、年率15%×1.46 =21.9%になります。

 

計算上は、最高では29.2%の遅延損害金がかかることになりますが、
改正貸金業法では、貸金業者での遅延損害金は上限20%なので、遅延損害金を20%に設定している金融業者が多いです。

 

〈遅延損害金の計算方法〉

遅延損害金の計算は、利息の計算と同じ計算式で算出できます。

 

借入額(元金)×遅延損害金利率 ÷ 365日 × 遅延日数

 

仮に、20万円の借入のある人が10日間、返済が期日より遅れると
20万円 × 0.2 ÷ 365日 × 10日 = 1,095円

 

なんだ大した金額じゃない、とホッとする人もいるかもしれませんが、延滞している期間も通常の利息はかかっていますから、支払は、元金への返済+利息+遅延損害金となります。

 

通常の利息だけでもできるだけ払いたくないものなのに、利息プラス遅延損害金を払わなくてはならなくなるのですから、
借入額が小さいとか数日支払が遅れただけなら大した金額ではありませんが、
まだ大丈夫と高をくくっているうちに、手に負えなくなってしまう可能性もあります。

 

返済が遅れそうな時は事前に連絡を

 

キャッシングやカードローンを利用していて、返済が一日でも遅れそうなときは、事前にコールセンターに連絡を入れましょう。
新生銀行レイクのようにネットで会員ページから返済予定日を入力できる業者もあります。

 

連絡を入れておけば催促の電話がかかってくることがありません。
遅延損害金は発生しますが、連絡せずに延滞すると業者に悪い印象を与えてしまいます。

 

一般的には7日程度の延滞であれば、業者側の催促も業務連絡程度ですが、それ以上遅れれば徐々に厳しくなる可能性があり、3ヶ月以上は長期延滞とされ個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

 

長期延滞となると、催促が頻繁になる程度の話ではなく、督促状が届いたり債権回収代行業者へ回されたり、時には裁判で給与差押えの請求が出されるなど、事務的にきつい処分が進められてしまいます。

 

確実に返済期日を守って返済しましょう

 

複数の業者から借入があったり、たまたまうっかりしていたり、何かしらの理由があって返済期日を忘れてしまうことはあると思います。

 

多くの金融業者は、返済期日お知らせメールなどのサービスがありますから、ぜひとも活用し、期日に遅れないように返済しましょう。

 

また、ATMで毎回自分で返しに行くのではなく、自動で引き落とされる口座振替の利用もオススメです。残高不足だけ気をつければ、もし忘れていても自動で返済が行われます。

 

返済日は指定できませんし、一括返済や繰り上げ返済の利用ができませんが、忘れずキッチリと返済ができます。

 

 

 

*概要
返済期日までに支払いできないと遅延損害金が発生します。元金返済+利息+遅延損害金を払わなくてはならなくなり負担が増えます。返済が遅れそうな場合は事前にコールセンターに連絡を入れましょう。長期延滞は事故情報をはじめ最悪給料の差押えなどきつい処分がなされます。お知らせメールや口座振替を活用しましょう。